SFP工法と柱状改良工法の比較

スクリューフリクションパイル工法

スクリューフリクションパイル工法

 

スクリューフリクションパイル工法(以下、SFP工法)は、小規模建築物を対象のセメントミルクを使用した地盤補強体の新工法です。
ここでは同じく小規模建築物の地盤改良工法として主に使用されている、柱状改良工法と比較します。

 

優れた支持力

SFP工法は先端底面には掘削刃(鋳造品)、杭の周囲には螺旋状の節を形成することによって、 柱状改良工法より非常に大きな支持力確保が実現しました。そのため、補強体の軸径を細くしつつ、 従来の柱状改良工法と同等の支持力を維持することが可能となりました。

スクリューフリクションパイル工法の支持力

安定した品質

固化材と現地の土を混合撹拌して築造する従来の柱状改良工法では、土質毎に発現強度のばらつきがありましたが、 SFP工法は土と混合せず、セメントミルクによって築造するため、土質によらない安定した品質の補強体ができます。

スクリューフリクションパイル工法の安定した品質

腐植土でも施工可能

SFP工法は、固化材と現地の土を混合しないため、腐葉土でも施工することが可能です。(腐植土の範囲は摩擦力を考慮しません。) 砂質土(砂礫含む)、粘性土、腐植土で施工でき、事前配合試験も必要ありません。

※腐植土は植物が腐敗して繊維質を多く残した酸性の土で、柱状改良工法など現地の土と混合させるセメント系固化材では相性によって、固化不良が生じるリスクが発生します。SFP工法は土と混ぜない補強体であるため、補強体が固まらないといったリスクはありません。

スクリューフリクションパイル工法の安定した品質

残土処理コスト大幅削減

 

SFP工法は、柱状改良工法と比較して築造する杭の軸径が小さいため、残土をほぼ排出しません。したがって、残土処理にかかる産業廃棄物処理費用が不要になります。
また残土が出ない分、周辺地盤を押し固めるため、側壁が強固になります。

スクリューフリクションパイル工法の残土が出ない

 

柱状改良工法に代わるSFP工法

柱状改良工法より支持力、品質、土質の条件、コストに優れたSFP工法は、施工手順も容易であることから、施工時間を短縮することが可能です。
またSFP工法は、柱状改良工法でお使いの施工機に、専用のケーシングと先端掘削刃のみの実装で施工できるため、導入しやすい工法となっています。

 

 

スクリューフリクションパイル工法の安定した品質

 


地盤改良は業者によって費用や選べる工法に大きな差があります。

複数の業者に見積りを依頼し、費用や工法を比較検討することをお勧めします。

※個人のお客様・お施主様からのご依頼は承っておりません。>> 詳しくはこちら

サムシングの地盤改良が選ばれる理由

業界トップ!地盤改良の技術力

サムシングの地盤技術はTVビフォーアフターなど各種メディアにて紹介されています。

大学や研究機関と連携し開発した工法は第三者機関に認定され、広く使用されています。

各種メディア出演

業界トップ!地盤ワンストップ対応力

地盤に関する全てをワンストップ対応できるから他社より安くて高品質!責任逃れが無い!

全国対応22拠点での年間施工実績は30,000件以上です。見積りは最短即日対応します。
※お問い合わせ内容により、ご回答にお時間をいただく場合がございます。

地盤調査と地盤改良と地盤保証のマーク

業界トップ!地盤改良の機能性

自社開発のG-webシステムにより、施工データの改ざんを防ぐことが可能です。

16種類の工法から選べるため、効率化によって費用を抑え、工期短縮が可能です。

ジオ・モニター

 

地盤調査・改良・保証を
ワンストップでご提供!

サムシングは26拠点で全国対応!
年間実績34,000件以上の実績。
業界トップクラスの企業へ
成長を続けています。

電話番号:0120283649

地盤調査・地盤改良のお問い合わせは
即日対応いたします。
他社との相見積りも歓迎しております。
※お問い合わせ内容により、
ご回答にお時間をいただく場合がございます。

お問い合わせフォームからなら
24時間365日対応中!