土壌汚染調査

全国対応OK・年間施工実績30,000件以上!

ご相談・お見積もり無料です 0120-28-3649

ENGLISH メールでの問い合わせ24時間365日受付中! 無料資料ダウンロード

サムシングの土壌汚染調査は【業界最安値】20万円

目次

土壌汚染調査の費用
土壌汚染調査とは
土壌汚染調査の方法
特殊な土壌調査(分析)

土壌汚染調査の費用

土壌汚染調査の費用を比較

土壌調査会社 土壌汚染調査費用
サムシング 20万円
A社 約30万円
B社 297,000円
C社 25万円~50万円

※敷地(30m×30m)での土壌調査費用を想定したものです。


土壌汚染調査の費用が高すぎる?

調査会社によって土壌汚染調査の費用や品質に大きな差があるのでご注意ください。 他社の土壌汚染調査の費用に関するお問い合わせが増えています。


土壌汚染調査の費用が高すぎる

サムシングの土壌汚染調査は【業界最安値】20万円

環境省の指定調査機関サムシングは、自社開発の新型調査機の導入などにより、 土壌汚染調査の品質を高め、費用を削減!サムシングの土壌汚染調査の費用は業界最安値20万円です。





  • サムシングの土壌汚染調査は業界最安20万円! 他社と比較してください⇒無料見積
  • 土壌汚染対策法による必要分析項目は無料でお調べします⇒無料相談
無料見積り・無料相談

土壌汚染調査とは

土壌汚染調査とは、現場にて試料(表層土壌・土壌ガス・地下水など)を採取し、その成分を分析する調査です。 豊洲市場の土壌汚染問題により、現在、土壌汚染に関する意識が高まっており、 土地売買の前に土壌汚染調査を実施するケースが増えています。


土壌汚染調査が必要な理由

土壌汚染調査をせずに土地を売買し、土地売買後に土壌汚染が判明した場合、 高額な汚染除去費用が発生し、 損害賠償・契約解除・訴訟などのトラブルに発展することがあります。


土壌汚染調査を怠ることで発生しうるトラブル例

  • 【売主側】土地売却後、土壌汚染が判明⇒買主から損害賠償を請求された!
  • 【売主側】土地売買契約後に土壌汚染が判明⇒買主から契約解除を求められた。
  • 【買主側】土地購入後、土壌汚染が判明⇒売主が汚染除去費用を支払わず訴訟に発展

驚いている夫婦

土壌汚染調査によるメリット

土壌汚染調査をすれば、土地の汚染状況が明確になり、 売主と買主の双方が納得して契約ができるため、 トラブルを回避することが可能です。また、土地の購入価格を適切に検討 することも可能です。

土壌汚染調査をすれば大丈夫!

サムシングの土壌汚染調査が選ばれる理由

環境省の指定調査機関であり、JASDAQ上場だから信頼できる。

  • JASDAQ上場のサムシングは環境省の土壌汚染対策法に基づく指定調査機関です。
  • サムシングの調査技術はTVビフォーアフターなど各種メディアにて紹介されています。
各種メディア出演

サムシングの土壌汚染調査は【業界最安値】20万円です!

  • サムシングは自社開発の新型土壌調査機を使用するから費用を削減できます。
  • 土壌汚染対策法による各自治体の必要分析項目等は無料でお調べします。
新型土壌汚染調査機

土壌・地盤をワンストップ対応可能!

  • 土壌・地盤をワンストップ対応するから責任逃れが無い!他社より短工期・高品質!
  • お問い合わせは最短即日対応!試料採取・分析・報告書の作成まで約2週間で対応可能です。
地盤調査と地盤改良と地盤保証のマーク

【注意】土壌汚染調査の会社選び

  • サムシングの土壌汚染調査は業界最安値20万円。相見積りも歓迎いたします⇒無料見積
  • サムシングなら土壌汚染対策法による必要分析項目を無料でお調べします⇒無料相談
無料見積り・無料相談

土壌汚染調査の方法

土壌汚染調査方法はフェーズ1とフェーズ2に分かれます。
フェーズ1を実施し、土壌汚染の恐れがある場合はフェーズ2に進みます。
フェーズ2を実施し、土壌汚染が認められた場合、土壌汚染の除去工事を施工します。


土壌汚染調査フェーズ1



土壌汚染調査の流れ

土壌汚染調査方法の解説

土壌汚染調査の方法は下記4種類に分かれます。それぞれ解説します。



1、地歴調査

地歴調査は、各種資料から過去の土地の利用履歴を調べ、 土壌汚染の可能性があるか調べます。 例えば、過去に工場やガソリンスタンドなどがあった土地は要注意です。


  • 地歴調査の方法

旧地図と現地図の違いから土壌汚染の恐れを調査します。下記、左側の旧地図では工場が確認できますが、右側の現地図では工場が無くなっています。 ようするに、この場所は土壌汚染の恐れがあることが分かります。「今昔マップ on the web」


地歴調査

2、表層土壌汚染調査・土壌ガス調査

地歴調査の結果「土壌汚染の恐れがある」と判定された場合、表層土壌汚染調査を実施します。
表層土壌汚染調査は、表層土壌と表層ガスを採取し、土壌汚染の状況を調査します。


  • 表層土壌調査の方法

重金属(六価クロム・鉛・水銀・カドミウム等)や農薬(有機リン・シマジン・チウラム等)の初期調査で、深さ0.0m~0.5mまでの土壌試料を採取分析します。


表層土壌調査

                  (左:舗装が無い場合、右:舗装がある場合)

  • 土壌ガス調査の方法

揮発性有機化合物(ベンゼン・トリクロロエチレンなど)の初期調査で、深さ0.8m~1.0mの調査孔から土壌ガスを採取分析します。


土壌ガス調査

3、絞込み土壌汚染調査・個別土壌汚染調査

表層土壌汚染調査の結果、土壌汚染が確認された場合、絞込み土壌汚染調査・個別土壌汚染調査を実施します。土壌汚染の範囲(平面的な広がり)を把握するための調査です。

絞込み土壌調査・個別土壌調査

4、深度調査・地下水汚染調査

表層土壌汚染調査あるいは土壌ガス調査で有害物質が規定値を超えて検出された場合、 ボーリング調査を実施し、有害物質の到達深度と地下水への移行状況を調査します。 サムシングは自社開発の新型ボーリング調査機を使用するため、費用削減・工期短縮が可能です。

ボーリング調査『地盤王 ホリ・ススム』

【業界最安値】土壌汚染調査20万円

  • 土壌汚染調査は会社によって費用や方法に大きな差があります⇒無料相談
  • サムシングの土壌汚染調査は業界最安値20万円。相見積りも歓迎いたします⇒無料見積
無料見積り・無料相談

よくある質問(土壌汚染調査)

特殊な土壌調査(分析)

サムシングなら特殊な土壌調査(分析)も対応可能です。お気軽にお問い合わせください。

法定土壌汚染調査(土壌汚染対策法)

土壌汚染対策法により義務付けられている調査であり、特定施設(めっき工場など)の廃業に伴う調査や、 3000m2以上の土地の形質変更に伴う調査。 サムシングでは土壌汚染対策法による各自治体の必要分析項目は無料でお調べします⇒無料相談


残土(建設発生土)搬出に伴う土壌分析

宅地造成や建設工事に伴い発生する建設残土を搬出するに当たり、汚染の拡散防止のため、 各自治体の残土条例や民間処分場において受入基準が設定されています。
残土(建設発生土)の調査・分析


埋立て(盛土)に伴う土壌汚染分析

有害物質を含んだ土砂等の埋立てに起因する土壌汚染を防止するため、各自治体の条例により、一定面積以上の埋立てを行う際に土壌および地下水の分析が義務付けられています。
埋立て(盛土)の調査・分析


土壌分析

土壌汚染調査のご依頼の流れ

2週間で土壌汚染調査報告書を提出

サムシングなら最短即日対応!相見積も歓迎!

お問い合わせは最短即日対応します。相見積も歓迎しております⇒無料相談・無料見積
土壌試料採取、土壌分析、土壌汚染調査報告書の作成まで約2週間で対応いたします。
(ダイオキシン類の分析は約1ヶ月必要)

土壌汚染調査のお問い合わせ【無料相談・無料見積】

  • サムシングはJASDAQ上場全国対応20拠点・年間実績30,000件の土壌調査会社です。
  • 土壌汚染調査のお問い合わせは最短即日対応します。他社との相見積も歓迎しております。

無料ダウンロード・お問い合わせ


地盤調査 TOP