スクリューフリクションパイル工法(SFP工法)

スクリューフリクションパイル工法(SFP工法)

最新の技術が生みだす 安定した品質、確実な支持力

スクリューフリクションパイル工法(以下、SFP工法)は、小規模建築物向け地盤補強体の新工法です。柱状改良工法に代わる工法として、SFP工法には多くのメリットがあります。
SFP工法のお見積り、ご相談はお気軽にお問合わせください。

無料お見積り・ご相談はこちら 専門家が迅速に対応いたします、お気軽にご連絡ください。

概要・適用範囲

適用建築物 地上3階以下、建物高さ13m以下、延べ面積1500㎡以下(平屋に限り3000㎡以下)、 土間コンクリート下も可
適用地盤 砂質土(砂礫含む)、粘性土、腐植土 (腐植土では摩擦力を考慮しない、先端部は腐植土でないこと)
ケーシング直径 165.2mm、190.7mm、216.3mm
施工深さ 施工地盤面から9.25mまで
地盤調査 SWS試験を適用
材料 セメント、水、(混和剤)
第三者認証 ・建築技術性能証明
GBRC 性能証明 第18-05号

スクリューフリクションパイル工法とは

スクリューフリクションパイル工法(以下、SFP工法)は、サムシングが開発し、建築技術性能証明を取得した、住宅やアパート、店舗など小規模建築物向けの杭状地盤補強工法です。
従来の土とセメントを混合する柱状改良工法では、残土処理や安定した品質確保が困難なことが問題となっていましたが、SFP工法は、削孔径が確保されたケーシング内にセメントミルクを打設するため、現地の土が混入しない安定した品質の補強体築造が可能となり、腐植土のある地盤でも施工することができます。
杭の先端には掘削刃を取り付け、杭の周面には螺旋状の節を形成するので、先端支持力と周面摩擦力によって非常に大きな支持力確保が実現。
支持力を維持しながら補強体の軸径を細くすることで、残土をほぼ排出しない工法となりました。
品質、支持力、土質の条件、コストに優れたSFP工法を、サムシングでは柱状改良工法に代わる工法として、特にお勧めしています。

SFP工法の特長

大きな支持力

SFP工法は、杭の周囲には螺旋状の節を形成することによって、一般的な柱状改良工法より非常に大きな支持力確保が実現。
そのため、軸径を165.2mm、190.7mm、216.3mmと細くしつつ、従来の柱状改良工法と同等の支持力を維持することできます。

SFP工法の大きな支持力

安定した品質

現地の土と混ぜないため、腐植土のある地盤でも固化不良のない安定した品質の補強体を築造することができます。
従来のセメント系固化材を使用した柱状改良工法では、固化材と現地の土を混合するため、土質毎に発現強度のばらつきがありました。
SFP工法であれば、現地の土質によらず、一定の強度を安定的に確保できます。

SFP工法の安定した品質

六価クロムの心配無用

SFP工法は現地の土と混合しない為、六価クロムの心配はありません。

従来の柱状改良工法は、セメントと混合する現地の土が腐植土や火山灰質粘性土層などであった場合、固化材の種類によっては六価クロムが溶出することがあります。

SFP工法は腐植土もOK

残土処理コスト大幅削減

築造される補強体の軸径が小さいため、残土をほぼ排出しません。
したがって、残土処理にかかる産業廃棄物処理費用が不要です。

SFP工法は残土処理費用不要

建築技術性能証明書を取得

SFP工法はサムシングが開発し、高品質の証である日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得した工法です。
1棟毎に、厳格な品質管理・施工管理を行っています。

SFP工法は建築技術性能証明書取得

施工リスクの低減

SFP工法は小型施工機を使用する為、狭小地でも施工ができ、土と混ぜない為、補強体が固まらないといったリスクがありません。
施工手順が容易で効率よく施工できるため、施工時間の短縮も可能です。
残土処理コスト、セメントコスト、工数の削減によって費用を抑えられる為、
SFP工法は、低価格、高品質、短納期の三拍子が揃った画期的な工法です。

サムシングのSFP工法が高品質な理由

SFP工法を施工するサムシングの施工機には、施工管理装置を実装しているため、施工機オペレーターは、各種項目が管理基準を満たしていることを確認しながら施工を行います。
地盤を数値化し、完全可視化することで、高品質の地盤改良が可能となります。

サムシングの施工管理装置

柱状改良工法に代わるSFP工法

SFP工法は、従来の柱状改良工法の欠点を改良した工法になります。

SFP工法 従来の柱状改良工法
杭の材料 セメントミルクのみ セメントミルクと現地の土
(混合して築造)
軸径 216mm 400~600mm
支持力 柱状改良工法と同等かそれ以上 一般的な支持力
品質 強度にばらつきがなく安定した品質 土塊が大量に混入すると強度がばらつく
配合試験 不要。
さまざまな土質に適用!
建物の規模によって必須
腐植土 施工可能。
固化不良のリスクなし!
固化不良が生じるリスク
六価クロム 心配無用! 現地の土と固化材の相性で溶出する場合がある
残土 ほぼ排出なし! 残土を排出する為、産業廃棄物処理費用が必要
工期(戸建) 1日程度 2日程度

SFP工法の施工手順

SFP工法の施工手順

SFP工法は、軸掘削刃を取り付けたケーシングを所定の深度まで回転貫入させます。
先端に付けた先端掘削刃を取り外した後、ケーシング内にセメントミルクを吐出しながら回転して引き上げることで、ケーシング先端側面に付けた軸掘削刃によって補強体に螺旋状の節を形成することができます。

SFP工法の手順・特徴

地盤調査・改良・保証を
ワンストップでご提供!

サムシングは26拠点で全国対応!
年間実績34,000件以上の実績。
業界トップクラスの企業へ
成長を続けています。

電話番号:0120283649

地盤調査・地盤改良のお問い合わせは
即日対応いたします。
他社との相見積りも歓迎しております。
※お問い合わせ内容により、
ご回答にお時間をいただく場合がございます。

お問い合わせフォームからなら
24時間365日対応中!