平板載荷試験

平板載荷試験

地盤に直接荷重をかけて、地盤の強度を確認する
信頼性の高い地盤調査方法

地盤に実際の条件に近い荷重を直接かけて地盤の強度を確認する、信頼性の高い地盤調査方法です。比較的短時間で調査が可能なので、プレハブなどの簡易建物の地盤調査に最適です。
平板載荷試験はぜひサムシングへお任せください!

無料お見積り・ご相談はこちら 専門家が迅速に対応いたします、お気軽にご連絡ください。

平板載荷試験とは

平板載荷試験ミニバックホー平板載荷試験は、原地盤に載荷板(直径30cmの円盤)を設置し、そこに垂直荷重を与え、 荷重の大きさと載荷板の沈下量との関係から地盤を調べます。
荷重を載荷する際には、反力荷重として、現場の重機(バックホー等)を用いることが一般的です。
結果からは、極限支持力、地盤反力係数、沈下量などを確認できます。

国土交通省に認められた調査方法

平板載荷試験の調査風景平板載荷試験は国土交通省告示1113号第二に長期許容応力度算定式が示され、 構造物基礎の設計及び、設計条件の確認のための試験として規定されています。

平板載荷試験平面図

平板載荷試験の課題と解決方法

平板載荷試験の課題
  • 平板載荷試験は、載荷板が小さい(直径30cm)為、深さ約0.6mより下の地盤を調べられない
  • 調査地点の支持力しか調べられない。
  • 礫地盤は過大評価になる可能性がある。(大型の載荷板を使用するなど対処が必要)

※平板載荷試験は載荷板が小さいため、下部に軟弱層がある場合その影響を考慮できず、 試験結果では問題がなくても沈下する恐れがあります。

平板載荷試験の課題

地盤データを活用することで試験精度を高められる

  • サムシングが保有する全国各地の膨大な地盤データを活用!
  • 平板載荷試験では調べられない深さ0.6m以下の地盤も推定し、安全性を確保!
サムシングの地盤調査データを活用

地盤調査・改良・保証を
ワンストップでご提供!

サムシングは26拠点で全国対応!
年間実績34,000件以上の実績。
業界トップクラスの企業へ
成長を続けています。

電話番号:0120283649

地盤調査・地盤改良のお問い合わせは
即日対応いたします。
他社との相見積りも歓迎しております。
※お問い合わせ内容により、
ご回答にお時間をいただく場合がございます。

お問い合わせフォームからなら
24時間365日対応中!