くし兵衛工法(高品質な柱状改良工法)

くし兵衛工法

高品質な柱状改良工法

くし兵衛工法は、独自開発された掘削攪拌装置によって補強体を築造する柱状改良工法で、建築技術性能証明を取得した工法です。

概要・適用範囲

適用建築物 小規模建築物および工作物等
地上3階以下、高さ13m以下、軒高9m以下、延べ面積500m2以下の建築物および高さ3.5m以下の擁壁等工作物
小規模を超える建築物および工作物等
適用土質 砂質土、粘性土、ローム
コラム形状 杭状、ブロック状、壁状
コラム径 400~800mm
最大コラム長 10.0m
掘削攪拌機構 水平方向掘削・攪拌機構に、共回り防止装置の上下に攪拌面に対して鉛直方向細断・攪拌機構を付加
掘削攪拌翼枚数 掘削翼2枚/攪拌翼8枚(引上時:攪拌翼10枚)
設計基準強度 800~1000kN/㎡ 450~2500kN//㎡
建築技術性能証明 GBRC 性能証明 第13-04号 改1

くし兵衛工法とは

くし兵衛工法施工機

くし兵衛工法は、サムシングを含めた共同開発グループによって建築技術性能証明を取得した柱状改良工法で、住宅やアパート、店舗など小規模建築物から小規模を超える建築物および工作物向けの杭状地盤補強工法です。
独自開発された掘削攪拌装置(攪拌翼)を使用し、セメント系固化材と現地の土と混合攪拌性能が向上することで、低軸回転数、高速度での施工を可能とするとともに改良体の品質の向上が大幅に図れます。

くし兵衛工法の技術

くし兵衛混合攪拌装置

くし兵衛工法は、セメント系固化材スラリーと現地の土を混合攪拌して補強体を築造する柱状改良工法ですが、独自開発した掘削撹拌装置は、掘削翼の上に共回り防止翼、その上下の攪拌翼に鉛直方向の突起(くし部)を複数設けたことが特徴です。
突起の付いた攪拌翼の他に2つ、計4つの撹拌翼によって、一般的な柱状改良工法よりも攪拌性能が大幅に向上しています。
この掘削攪拌装置を用いることにより、低軸回転数、高速度での施工を可能とするとともに補強体の品質の向上が大幅に図れます。

くし兵衛工法の特長

サムシングでは一般的な柱状改良工法でも、改ざん防止機能や、地盤可視化機能などにより高品質な地盤改良を実現していますが、くし兵衛工法ではさらに、厳格に定められた技術指針に基づいて補強体を築造する為、高強度、高品質であることを証明することができます。

高強度・高品質

くし兵衛工法は、上記で説明しましたくし兵衛工法の技術にもあるように、独自開発した掘削攪拌装置によって土塊が大量混入せず、発現強度のばらつきが少ない安定した品質・強度の補強体を築造することができます。
また、くし兵衛工法を施工するサムシングの施工機には、施工管理装置を実装しているため、施工機オペレーターは、各種項目が管理基準を満たしていることを確認しながら施工を行います。地盤を数値化し、完全可視化することで、高品質の地盤改良が可能となります。

サムシングの施工管理装置

建築技術性能証明を取得

差し替えが必要

くし兵衛工法は、サムシングも含めた共同開発グループによって、高品質の証である日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得した工法です。
(GBRC 性能証明 第13-04号 改1)
1棟毎に、厳格な品質管理・施工管理を行っています。

費用を抑えられる

施工機は、一般的な柱状改良工法の攪拌翼を、くし兵衛工法独自の掘削攪拌装置に変更するだけであり、施工方法も一般的な柱状改良工法とあまり変わらない為、杭状地盤改良工法の中でも費用を抑えられる工法になります。

くし兵衛工法の施工手順

くし兵衛工法は、独自開発した掘削攪拌装置(攪拌翼)を回転させて掘削を開始します。掘削と同時にセメントミルクを攪拌注入していき、所定量のセメントミルクを注入しながら掘削を進めます。所定深度に達したら先端処理を行い、攪拌混合しながら先端翼を引き抜きます。引き抜いた後、杭頭部を入念に行い、完了です。

柱状改良工法の施工手順

地盤調査・改良・保証を
ワンストップでご提供!

サムシングは26拠点で全国対応!
年間実績34,000件以上の実績。
業界トップクラスの企業へ
成長を続けています。

電話番号:0120283649

地盤調査・地盤改良のお問い合わせは
即日対応いたします。
他社との相見積りも歓迎しております。
※お問い合わせ内容により、
ご回答にお時間をいただく場合がございます。

お問い合わせフォームからなら
24時間365日対応中!