ボーリング調査(標準貫入試験)

ボーリング調査

やぐらが不要で自走式の新型ボーリング調査
&多くの実績!従来型のボーリング調査

サムシングのボーリング調査は、多くのお客様に採用され実績があるサービスです。
サムシングでは、新型と従来型のボーリング調査から選べ、どちらも実績十分!
ぜひお気軽にお問合わせください。

無料お見積り・ご相談はこちら 専門家が迅速に対応いたします、お気軽にご連絡ください。

ボーリング調査とは

ボーリング調査とは、小規模~大規模建物をはじめ、擁壁、法面、道路、駐車場などの設計・施工に必要な地盤調査に用いられ、液状化判定や土壌汚染調査などにも用いられます。地盤の支持力を算出する際に必要なN値、砂質土や粘土といった土質、軟弱層か支持層までの深度など地層構成、地下水位が調査でき、室内土質試験用のサンプリングが可能です。

新型・従来型ボーリング調査の特徴と比較

サムシングでは、新型ボーリング調査機を使用した新型ボーリング調査と、従来型のボーリング調査から選べます。

  新型ボーリング調査 従来型ボーリング調査
対象建築物 小規模~中規模 小規模~大規模
主な試験用途 ・標準貫入試験
・土質試験
・液状化判定
・標準貫入試験
・土質試験
・液状化判定
調査可能深度 20m程度 制限なし
改ざん防止機能 GeoWebシステム なし
調査準備時間 短い
・自走式で移動が容易
・やぐらの設置、用水が不要
長い
・やぐらの設置、組立
・試験用水の準備
装置サイズ(W×L×H) 約1.3×3.2×3.5m 約5×4×5m
狭小地や室内での調査 可能 不可
サムシングにおける(2019年)年間実績数 408棟 1,168棟
特許等 ・特許第5021104号
・技審証第2903号
なし
(最も一般的な調査方法)

※調査ポイント数、地盤や現場状況、掘削条件によって費用は異なる

新型ボーリング調査

自走式ボーリング調査機

サムシングが開発(特許第5021104号・技審証第2903号を取得)した新型ボーリング調査機「VDボーリング(地盤王ホリ・ススム)」は自走式の調査機で、やぐらの設置や試験用水の準備が不要。従来型より工期を短縮化し、費用を削減することが可能です。

TVでも紹介されました

サムシングがテレビ朝日の『劇的ビフォーアフター』(2015年2月1日放送)に出演し、 従来のボーリング調査では対応が難しい室内ボーリング調査を実施しました。新型ボーリング調査機は小型(約1.3×3.2×約3.5m)であるため、室内や狭小地でも実施可能で、TV番組では液状化を判定しました。

画像:『劇的ビフォーアフター』(2015年2月1日放送)にて紹介の「室内ボーリング調査」実施の様子

標準貫入試験としての使用

従来型のボーリング調査と同様に、JIS A 1219に基づいた「標準貫入試験」が可能です。地盤の硬軟、締まり具合の判定、土層の構成が把握できる土質のサンプリングが可能で、N値20程度までの地盤をGL-20m程度まで対応します。

土壌汚染調査、液状化判定としての使用

新型ボーリング調査機

掘進速度が速く、コアチューブで土壌採取が可能であるため、深度が深くても採取可能。
オールコアで地下水位以下の砂質土などの土質も確認できるため、土壌汚染調査も液状化判定も可能です。

乱れの少ない試料採取が可能

JIS 1221に基づく、乱れの少ない試料の採取機能を有します。これにより、一軸圧縮試験、三軸圧縮試験、圧密試験の併用が可能となります。

全自動計測・改ざん防止

従来のボーリング調査は調査データを手書きするため、改ざんを防げませんでした。
調査深度やN値を全てGeoWebシステムで管理し、現場の実作業から報告までのトレーサビリティ(追跡可能性)を確立しています。そのため、データの改ざんなく、速報のご提出までが従来型と比べて早くなります。

画像:全自動計測・改ざん防止

小型調査機

新型ボーリング調査機は小型調査機で、屋外はもちろん室内や狭小地でも実施可能です。また、自走式であるため添え付け時間の短縮が可能です。

高効率で工期短縮

新型ボーリング調査機は、油圧式バイブレーション装置を用い、ケーシングとインナーチューブ(コアサンプラー)を バイブロドリルで振動を加えながら地中に押し込み、試料を採取しながら削孔します。土砂の場合、掘進深度がロータリー式ボーリングより早く、工期短縮が可能です。

画像:新型ボーリング調査は高効率!

特許を取得

地盤王ホリススム

サムシングが開発し、特許第5021104号・技審証第2903号を取得しております。

従来型ボーリング調査

ボーリング調査は、深い深度(100m程度)まで採掘可能で、大規模建築物の調査に選ばれています。実施時には、やぐらが必要で、4m×5m程度の面積に5m程度の高さが必要になります。サムシングでも創業時から現在も、全国各地で多くの実績があり、膨大な調査データを保有しています。

従来型ボーリング調査

サムシングのボーリング調査費用

調査費用は、調査するポイント数、掘削深度、現場状況(搬入、舗装状態など)などによって変動するため、HPでは具体的な費用や単価を記載することはできません。
ご相談・お見積りは無料で承っておりますので、お気軽にお問合わせください。

地盤調査・改良・保証を
ワンストップでご提供!

サムシングは26拠点で全国対応!
年間実績34,000件以上の実績。
業界トップクラスの企業へ
成長を続けています。

電話番号:0120283649

地盤調査・地盤改良のお問い合わせは
即日対応いたします。
他社との相見積りも歓迎しております。
※お問い合わせ内容により、
ご回答にお時間をいただく場合がございます。

お問い合わせフォームからなら
24時間365日対応中!