ボーリング調査(標準貫入試験)

全国対応21拠点・年間実績30,000件以上

ご相談・お見積もり無料です 0120-28-3649

ENGLISH 無料見積・無料相談24時間365日受付中! 無料資料ダウンロード

ボーリング調査(標準貫入試験)


ボーリング調査は業者によって費用や精度に差があるためご注意ください。

業者選定の際は相見積を取り、費用や精度を比較しましょう。

無料見積り・無料相談

目次

1、新型ボーリング調査
2、従来型ボーリング調査
3、新型と従来型の比較表
4、ボーリング調査の費用

新型ボーリング調査

新型ボーリング調査の実績が2,000件を超えました。(2017年3月)

サムシングが開発し、特許第5021104号・技審証第2903号を取得しております。


hgfxm.jpg


新型ボーリング調査なら費用を削減できます。

新型ボーリング調査は自走式の調査機を使用するため、 やぐらの設置や試験用水の準備が不要なので、 従来型より工期を短縮化し、費用を削減することが可能です。 経済的に標準貫入試験、土質試験、液状化判定を実施できるため、 小規模建築物の調査にも選ばれています。





TV『劇的ビフォーアフター』でも紹介された新型ボーリング調査

サムシングがテレビ朝日の『劇的ビフォーアフター』(2015年2月1日放送)に出演し、 従来のボーリング調査では対応が難しい「室内ボーリング調査」を実施し、液状化を判定しました。 新型ボーリング調査は小型調査機(約1.3×3.2×約3.5m)を使用するため室内や狭小地でも実施可能です。


ビフォーアフターでの新型ボーリング調査


新型ボーリング調査なら改ざんを防げる!

従来のボーリング調査は調査データを手書きするため、改ざんを防げませんでした。 新型ボーリング調査なら、自社開発のG-webシステムにより、現場からデータをサーバーに送信・記録するため改ざんを防げます。


gweb43.png


新型ボーリング調査は高効率!

    新型ボーリング調査は、油圧式バイブレーション装置を用いケーシングとインナーチューブ(コアサンプラー)を バイブロドリルで振動を加えながら地中に押し込み、試料を採取しながら削孔します。 標準貫入試験、土質試験、液状化判定(FL法)、土壌汚染調査などが可能であり、 N値20程度までの地盤をGL-20m程度まで掘削し、連続試料の採取が可能です。




    新型ボーリング調査なら費用が安い!

    新型ボーリング調査は可動式なので、やぐらの設置や試験用水の準備が不要です。

    従来型よりも工期を短縮化できるため、費用の削減が可能です。

    無料見積り・無料相談

    従来型ボーリング調査

    従来型ボーリング調査(以下ボーリング調査)の特徴は下記です。


    • 深い深度まで掘削可能であるため、大規模建築物の調査に選ばれている。
    • 世界中で広く普及しているため、信頼性が高く、参考データが豊富
    • 実施時はやぐらが必要であり、4m×5m程度の面積、5m程度の高さが必要。




    サムシングならボーリング調査の精度が高い

    サムシングでは自社で保有する全国各地の膨大な地盤ビッグデータを活用することで、同試験の精度を高めることが可能です。





    テレビでも紹介されているサムシングのボーリング調査

    サムシングは難しい状況でもボーリング調査を実施できるため、 日本テレビ『先輩 ROCK YOU』(2014年12月27日放送)に出演し、 水上でのボーリング調査を実演しました。


    ボーリング調査


    費用が安い!サムシングのボーリング調査

    サムシングはICTの導入により、効率化を実現し、 同試験に関わる様々なコストを削減することで試験費用を削減することが可能です。


    ボーリング試験サンプラー ボーリング試験(標準貫入試験)による地質資料 ボーリング調査(標準貫入試験)概要図


    ボーリング調査業者の選定に注意

    ボーリング調査は基本的な業者によって費用や精度に差があります。

    精度が低い場合、改良率や施工費用にも影響するためご注意ください。


    無料見積り・無料相談

    新型と従来型の比較表

    新型ボーリング調査 従来型ボーリング調査
    費用 ◎15万円~30万円 20万円~40万円
    改ざん防止機能 ◎可能 不可
    調査準備時間 ◎短い 長い
    やぐら・試験用水 ◎不要 必要
    対象建築物 小規模~大規模 大規模
    狭小地・室内での調査 ◎可能 不可
    調査深度 20m程度 ◎深くまで可
    装置サイズ(W×L×H) 約1.3×3.2×3.5m 約5×4×5m
    標準貫入試験・土質試験・液状化判定 ◎可能 ◎可能

    新型と従来型は仕様や適応範囲が異なるため、条件により費用が変動します。 サムシングでは地盤状況や掘削条件を考慮して、経済的な方法をご提案いたします。

    ボーリング調査の費用

    調査ポイント数、掘削深度、現場状況(搬入、舗装状態など)などにより費用が変動するため、 こちらに具体的な費用や単価を記載することはできません。


    サムシングならボーリング調査の費用が安い

    サムシングでは2種類のボーリング調査から選べるため費用削減が可能です。

    サムシングはICTの導入により業務を効率化し、無駄な費用を削減することが可能です。

    無料見積り・無料相談

    サムシングのボーリング調査が選ばれる理由

    業界トップ!ボーリング調査の技術力

    自社開発した新型ボーリング調査はTVビフォーアフターなどで紹介されています。

    大学や研究機関と連携し、ボーリング調査の技術や調査機の研究開発に取り組んでいます。

    各種メディア出演


    業界トップ!ボーリング調査の機能性

    自社開発のG-webシステムにより、従来の課題であった改ざんを防ぐことが可能です。

    改ざん防止機能


    業界トップ!地盤ワンストップ対応力

    弊社だけで地盤すべてを対応可能。発注窓口を一本化にしてご担当者様の負担を軽減!

    中間コストを排除できるので費用削減・工期短縮が可能!

    地盤調査と地盤改良と地盤保証のマーク


    業界トップ!実績と信頼性

    JASDAQ上場し、ISO/IEC 27001(ISMS)を取得。嘘を付けない体制です。

    創業20年を経て、全国21拠点での施工実績は年間30,000件以上に達しています。




    多くのお客様にご満足いただいております。

    栃井建設工業株式会社 渡邊様

    岐阜県岐阜市/栃井建設工業株式会社 渡邊様

    地盤業界の営業マンの来社は多いです。安く見積もりを出す業者もいますが、ミスがあればダメです。 優れた業者を集めなければパーフェクトな建築物は作れません。
    サムシングさんは、ミスが無く、対応が早く、段取りが良いです。 地盤調査のほとんどの判定が軟弱地盤となる業者もありますが、その点でもサムシングさんは任せて安心です。

    ボーリング調査のご依頼の流れ

    ボーリング調査のお問い合わせ【無料相談・無料見積】

    サムシングはJASDAQ上場全国対応21拠点・年間実績30,000件の地盤調査業者です。

    ボーリング調査のお問い合わせは最短即日対応いたします。相見積も歓迎しております。



地盤調査・方法一覧(8種類)

地盤調査のお問い合わせ【無料相談・無料見積】

サムシングはJASDAQ上場全国対応21拠点・年間実績30,000件の地盤調査業者です。

地盤調査のお問い合わせは最短即日対応いたします。他社との相見積も歓迎しております。




地盤調査 TOP