地形の種類

崖錐

崖錐(がいすい)とは、崖や急斜面の土砂が崩れ、その下に堆積し形成された地形です。 地盤は不安定です。ル


干拓地

干拓地とは、他から土を運び埋め立てて陸地にした地形です。そのため排水は非常に悪く、地盤は軟弱で、液状化現象の恐れもあります。


旧河道

旧河道とは、昔、川の道だった場所です。周囲の土地よりも低い帯状の地形で、非常に浸水しやすく、排水も悪いため、地盤は軟弱です。

丘陵地

丘陵地とは、なだらかな丘状の地形です。地質的にやや古いため、概ね安定した地盤です。

後背湿地

後背湿地とは、自然堤防の背後にできる地形です。昔から水田等として利用されることが多く、地盤は軟弱です。

砂丘

砂丘とは、風によって海岸の砂が吹き寄せられ形成した地形です。海面よりもかなり高く、時には海抜30m以上盛り上がった砂丘が形成されることもあります。砂丘は、水はけが良く良好な地盤です。

砂州

砂州とは、海流によって砂が運ばれ、堆積して形成された地形です。海岸線に平行に連なって発達しており、地表面は海面より少し高い程度です。地盤としては比較的良好です。

三角州

三角州とは、川から運び込まれてきた土砂が河口で堆積し、形成された扇状の地形です。全体的に標高は非常に低く、地盤は軟弱です。

自然堤防

自然堤防とは、洪水時に運ばれてきた土砂が、川岸に堆積した地形です。排水が良く、比較的地盤も安定していることから、昔から集落が発達している場所です。

潟性低地

潟性(せきせい)低地とは、砂州の背後にできる湿地です。排水が悪く、地盤は非常に軟弱であるという問題があります。

扇状地

扇状地とは、山から平野に向かって、扇状に広がる半円の地形です。一般に、様々な大きさの砂や石から形成されています。比較的安定した地盤で、昔から集落が発達していた場所です。

扇状地性低地

扇状地性低地とは、扇状地の末端部に位置し、急流河川が運搬してきた砂・石・軽石等で形成されている地形です。扇状地と比べると、傾斜が緩いことから緩扇状地とも呼ばれます。地盤は比較的良好です。

台地

台地とは、何万年も前に形成された、比較的良好な地盤です。地表面が平らで崖を伴う台状の土地で、関東ローム層のような火山灰土に覆われていることが多いのが特徴です。

谷底低地

谷底低地とは、山や台地に刻まれた緩やかな谷川に、やわらかい土や枯れた植物が堆積してできた地形です。地盤はとても軟弱です。

 

地盤調査・改良・保証を
ワンストップでご提供!

サムシングは26拠点で全国対応!
年間実績34,000件以上の実績。
業界トップクラスの企業へ
成長を続けています。

電話番号:0120283649

地盤調査・地盤改良のお問い合わせは
即日対応いたします。
他社との相見積りも歓迎しております。
※お問い合わせ内容により、
ご回答にお時間をいただく場合がございます。

お問い合わせフォームからなら
24時間365日対応中!