残土(建設発生土)の調査・採取・分析

全国対応OK・年間施工実績30,000件以上!

ご相談・お見積もり無料です 0120-28-3649

ENGLISH 無料見積・無料相談24時間365日受付中! 無料資料ダウンロード

残土調査15万円


目次

残土(建設発生土)調査の費用にご注意ください!
残土調査が必要な理由
残土調査の流れ
埋立て(盛土)分析

残土(建設発生土)調査の費用にご注意ください!

残土(建設発生土)調査は、調査会社によって費用に大きな差があります。 業者選定の際は相見積を取り、資料採取の費用を含めたトータルコストで比較してください。





サムシングなら残土(建設発生土)調査が150,000円(試料採取は無料)

サムシングは新型調査機の開発導入、ICTの導入などにより、コストを削減するため、 残土(建設発生土)調査費用は150,000円!試料採取は無料です! 搬出先との協議から資料作成まで対応いたします。



試料採取の費用に注意!

サムシングでは試料採取が無料ですが、試料採取が有料の業者も存在します。 残土調査の業者を選定をする際は、試料採取費用を含めた合計金額を比較してください。無料見積


無料見積り・無料相談

残土調査が必要な理由

各種工事で発生した残土(建設発生土)は所定の受け入れ地に搬出しなければなりませんが、 各自治体の条例や民間処分場において受入基準が設定されているため、 事前に残土調査を実施し、残土分析結果証明書を提出する必要があります。


残土処理に困ってませんか?

残土処理受入基準例(千葉県条例の場合)

・採取深度:GL-0.5mまでの土壌を5地点採取
・分析検体数:5地点で採取した土壌を混合1検体として分析
・分析項目:溶出量試験28項目+含有量試験2項目
・必要期間:試料採取から約2週間で速報
・成果品:試料採取調書、案内図、採取地点位置図、計量証明書、写真

残土調査の流れ

残土(建設発生土)調査の流れについて順番に解説します。


1、残土(建設発生土)搬出先との協議
2、試料採取
3、分析
4、採取調書、写真、計量証明書の納品

1、残土(建設発生土)搬出先との協議

サムシングが搬出先へ連絡し、試料採取方法・分析項目など打合せをします。


残土処理打合せ

2、試料採取

サムシング担当者が現場にて試料を採取します。


土壌汚染試料採取

3、分析

分析日数は通常2週間程度です。※ダイオキシン類の分析が必要な場合は1ヶ月程度必要


土壌分析

4、採取調書、写真、計量証明書の納品

各自治体の条例に対応した成果品を提出します。


サムシングの残土調査が選ばれる理由

業界トップの信頼感!

サムシングはJASDAQ上場し、 ISMSを取得!年間施工実績は30,000件!

サムシングは各種メディアにて紹介されています。(ビフォーアフターなどTV出演多数)

各種メディア出演

他社より費用が安い!(150,000円・試料採取無料)

安さの理由は自社開発の残土調査機の導入。品質向上・工期短縮化・コスト削減!

搬出先打合せ⇒試料採取⇒分析⇒書類作成、すべて社内対応だから他社より安くて早い!


新型残土調査機

残土(建設発生土)調査の業者選定に注意!

残土調査は業者によって費用や品質に大きな差があります。 業者選定の際は、相見積を取り、合計料金で比較してください。無料見積

無料見積り・無料相談

メディアにも取り上げられています。

TV・ラジオ

既存家屋内での液状化調査

テレビ朝日系列『劇的ビフォーアフター』

2015年2月1日放送のテレビ朝日『劇的ビフォーアフター』にて
サムシングが紹介されました。

出演内容:既存家屋内での液状化調査『地盤王 ホリ・ススム』

水中でのボーリング調査

日本テレビ『先輩 ROCK YOU』

2014年12月27日放送の日本テレビ『先輩 ROCK YOU』に
サムシングが撮影協力しました。

出演内容:水中でのボーリング調査

日経CNBC『アクロス・ザ・マーケット』

日経CNBC『アクロス・ザ・マーケット』にサムシンググループ代表
前 俊守 が出演しました。

その他:ラジオNIKKEIなど

雑誌

建築技術

『建築技術』

建築技術2月号(2014年1月17日発売)にサムシング神村 真の
原稿が掲載されました。

原稿内容:地盤保証の内容とは?セカンドオピニオンの役割

家族を守る家の地盤を知る3つのステップ

リクルート『Housing 』

5月号(2014年3月20日発売)にサムシングが取材協力しました。

原稿内容:家族を守る家の地盤を知る3つのステップ

一戸建て住宅の液状化判定を可能にするボーリングマシン

日経BP社『日経ホームビルダー 』

7月号(2012年6月20日発売)にサムシングの新型の地盤調査が
掲載されました。

原稿内容:一戸建て住宅の液状化判定を可能にするボーリングマシン

その他:週刊ダイヤモンド、SUUMOなど

新聞

日経新聞、日経産業新聞、日建新聞、産経新聞、日本住宅新聞、日刊木材新聞など

多くのお客様にご満足いただいております。

岐阜県岐阜市/栃井建設工業株式会社 渡邊様

栃井建設工業株式会社 渡邊様

渡邊氏
地盤業界の営業マンの来社は多いです。
安く見積もりを出す業者もいますが、ミスがあればダメです。

サムシングさんは、ミスが無く、対応が早く、段取りが良いです。
優れた業者を集めなければパーフェクトな家は作れません。

地盤調査のほとんどの判定が地盤改良となる業者もあります。
その点でもサムシングさんは任せて安心です。

埋立て(盛土)分析

一定面積以上の埋立てを行う際に、土壌および排水の分析が義務付けられており、 土砂等の埋立てによる土壌汚染防止のため、各自治体により基準が設定されているため、 埋立て(盛土)をする場合、埋立て(盛土)分析が必要となります。


埋立て(盛土)基準例

千葉県条例の場合、面積3,000m2以上、船橋市条例では500m2以上、柏市条例・市川市条例では面積300m2以上の埋立て事業を 行う際に許可申請が必要となり、事業の進捗に応じ一般的に下記3回の分析が必要となります。

  • 1、盛土前の土地に対する地質分析
  • 2、盛土材の搬出側での地質分析
  • 3、盛土後の土地に対する地質分析と排水分析

盛土前と盛土後の土地に対して必要な分析検体数の例

盛土面積 分析検体数
1ヘクタール未満 2
1ヘクタール以上2ヘクタール未満 3
2ヘクタール以上3ヘクタール未満 4
3ヘクタール以上4ヘクタール未満 5

埋立て(盛土)分析はサムシングにお任せください!

サムシングは埋立て(盛土)分析にも対応可能です。 各自治体の基準・必要分析項目が不明な場合、無料でお調べします。 お気軽にご相談ください。無料相談

無料相談・無料見積

残土調査のご依頼の流れ

2週間で土壌汚染調査報告書を提出

サムシングなら最短即日対応!相見積も歓迎!

残土(建設発生土)調査のお問合せは最短即日対応いたします。 他社との比較や相見積も歓迎しております。

残土調査のお問い合わせ【無料相談・無料見積】

サムシングはJASDAQ上場環境省指定機関・年間実績30,000件の残土調査会社です。

残土調査のお問い合わせは最短即日対応します。他社との相見積も歓迎しております。


無料ダウンロード・お問い合わせ


地盤調査 TOP