地盤調査・地盤改良・地盤保証のサムシング

JASDAQジャスダック上場サムシンググループ

お問い合わせフリーダイヤル 0120-28-3649

ENGLISH ホームページからの資料請求・お問い合わせ

地盤改良

NSVコラム工法

NSVコラム工法の特徴

NSVコラム工法は「固化材スラリーを面状に充填すること」を特徴とするセメント系固化材を用いた深層混合処理工法で、(財)日本建築センターより建設技術審査証明(BCJ-審査証明-149)を取得した独自工法です。

固化材スラリーの面状充填とは...

下図に示すようにスラリーを地盤内に面状に充填するために、掘削翼上面にスラリーガイドを取り付けることで実現した(特許4072968号)ものです。

この技術は、室内吐出実験や現場での試験によって確立されました。

このスラリー充填方法により、改良体外周部まで均一にスラリーを充填することができるため、攪拌効率および断面・深度方向の強度の均一性を確保することができます。

NSVコラム工法の攪拌翼 NSVコラム工法の攪拌翼とスラリー吐出機構 面状吐出の様子 室内吐出試験

NSVコラム工法の適用範囲

対象構造物 小規模建築物、一般建築物、工作物等
改良深度 8.0m以下
改良直径 φ600以下
対象土質 砂質土、粘性土、ローム

地盤調査と品質検査方法

小規模建築物の基礎地盤改良を行う場合、簡略化のため、事前調査:スウェーデン式サウンディング試験、事後調査:モールドコアを使用する方法を、それぞれ適用可能です。

対象建築物および品質検査方法

施工管理システム

地中に構築される改良体は見ることができません。

このため、施工中の状況を「見える化」することは、品質確保のために重要です。

NSVコラム工法では、深度・施工時間・回転トルク・圧入圧・固化材スラリーの瞬時流量・瞬時回転数の他に、1m区間毎のスラリー流量・回転数を計測し、築造する改良体の品質確保を図っています。

これらのデータは施工機内の施工管理装置に記録され、携帯電話で管理基地局に送信され、基地局内でも技術者が管理することができます。

施工管理システム

施工管理装置についてはこちら!

NSVコラム工法の施工管理基準

本工法の標準施工工程と施工管理基準に準拠した施工を行う事で、強度のばらつきを表す指標"変動係数"を0.35以下とすることができます。

施工管理基準の図 施工管理基準値

無料ダウンロード・お問合せ


地盤のメールマガジン

隔週配信 ジオマガ新工法のお知らせ、各地の地盤情報・施工実績など、地盤に関する最新情報をお知らせします。
良い地盤と悪い地盤の見分け方 無料メール講座『地盤のプロ』である技術士・神村 真が、地盤に関する注意点やその対処法について語ります。

地盤改良 TOP